« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

レッスン

P1050178久しぶりにアトリエで刺しゅうのレッスンを受けてきました。

モノグラムのワークショップでした。

もうすでに何度もやっているモノグラムですが、どうもいまいちきれいにできない(^^ゞ! ので1から覚えなおすつもりで基礎から教わってきました。と言っても今日がその1で、あと2回あるのかな。

今日は地刺しを教わりました。

図案は大きめの物なのでたっぷり練習できそうです(笑)はい、宿題ですからね、次回までに仕上げないと。

今回は何度も言っていますが、焦らず丁寧に・・・頑張ってみたいです♪

2012年8月27日 (月)

心配・・・

Tori5
鳥さんはだいぶ大きくなってきた・・と思います。
毎日見ているからわかりにくいけど(^^ゞ。

でもここ数日ちょっと様子が不安定。

もともと拾った時から羽の閉じ具合が甘かったんですが、さらにひどくなってきているような気がするし、ご飯の食べっぷりもちと悪い。

・・・う~~ん(*_*)

で、今日長く鳥を飼っている知り合いに会ったので、相談してみたら「寒いのでは?」とアドバイスいただきました。

そか、そこらへん盲点だった!!
と言うことで先ほどから少しケージに覆いをかけてみました。

これが正解かどうかはわからないけど(^^ゞとにかく少し手を尽くしてみようかと。あとは餌の栄養が不足なんでは?とも言われたので、明日は鳥屋さんへGOですね。

2012年8月25日 (土)

何年越し?(^^ゞ

P1050174すっごいお恥ずかしいのですが(^^ゞ せっかく刺し上がったのでアップします。

刺繍のアトリエでのワークショップで「バリオンローズステッチ」をやった時の課題でした。

・・・・え~と、2010年って書いてあるから、まるっと2年前?!!
そしてまだ完成してないんですよね、これから縫い合わせてドアプレートになる予定です。

先生のこの色使いが好きで、シダの葉の感じもすごい素敵で、勇んで参加したワークショップだったんですが、バリオンローズステッチに玉砕されてしまって(笑)なかなか針が進まず、そのまま放置してあったという次第。

それでもなんとか3分の2は刺してあったので、今回の整理整頓で見つけて(笑)また再開させていました。う~ん、やっぱり練習しないとうまくならないって言うのがよっくわかりました(笑)年数は立っていても、やっていなければうまくなるはずもないですよね、ハイ、当たり前でした。

と言うわけで、今回も相当苦労して刺しましたよ。でも進歩?したかなっと思うのは、ものすごく楽しく刺せました。うまくできないのは変わっていないんですけどね、楽しかった。もう一枚作ってみちゃおうかなっと思うくらい。

この年はワークショップにせっせと通っていたので、出来上がっていないものもたくさん!(笑)
と言うことで、年内にこれらをすべて完成させてみようと、無謀にも考えています。

いや、遅すぎる決断ですね(^^ゞ

2012年8月23日 (木)

切り替え作業

P10501711つ区切りがつくと、部屋を片付けるように努力しています(^^ゞ

ええ、あくまでも「努力」(笑)

大概中途半端に片付けて、飽きてしまって、そうこうしている間に次の作業へ突入してまた散乱するっていうのがお決まりのパターン(^^ゞ

今まさに片付けの真っただ中から嫌になりそうなところあたり(^^ゞ
ダメダメな私です。

そしてこうした隙間の時間にはやたらと違う手作業がしたくなるんですよ~

と言うことで久しぶりにエコクラフトで小さいかごを編んでみました。家に合った半端な材料でレシピもなしで、なんとなく気の向くまま、目標の形もなく編み進めていくうちにこんな風になりました(笑)

一番大きい直径で 7cm ほど。

楽しかったぁ\(^o^)/、でも本当はちゃんとレシピ見て大きなかごを編みたいなっと♪

いやいや、そろそろ次の目標の向かって進まないと!

2012年8月21日 (火)

食べ物落ち(^O^☆♪

Horumon
ひと駅先にできたホルモン焼き屋さんに行って来ました~o(^▽^)o
やっぱ夏はホルモンにビールだね、ってオヤジですね(笑)
お店がまだ新しかったので、七輪でけむりがモクモク上がるのが申し訳ないくらいキレイでした!
お肉もキムチも美味しかったです\(^o^)/

2012年8月20日 (月)

SAMくんハウス

House クローゼットとベッドを作って、ひとまず何とかそれらしき形になるよう(^^ゞ努力しました~。

でもまだいろいろ仕込みたいですけどね♪

え~と実は今年の秋、11月2日(金)~4日(日)でプチ個展をアイザックベルさんでやらせていただける運びになっています。

このSAMくんハウスもその時に持っていくつもりです。ええ、皆さん是非この子で遊んでやってくださいね。お着替え、部屋の模様替え、写真撮影(笑)となんでもOKですよ。
その時までにもっと遊べるようにグレートアップさせたり、小物を増やしておこうと思っています!ええ、がんばりますよ~♪

その告知をテディベアの季刊誌Voiceに載せるために、ここ数日テンパっていました(^^ゞ

でもそれも今日無事提出いたしましたので、ホッと一息です。

またモロモロ!途中経過や、告知等、近くなりましたらお知らせしますので見てやってください。

と言うわけで、今年は秋まで忙しそうです(^^ゞ

でもね~、さっそく刺しゅうのアトリエレッスンに申し込んだりしましたっ♪この隙にレッスンを受けておかないとまた慌ただしくなりそうですからっ。ふっふ~ん、楽しみです^m^

2012年8月19日 (日)

鳥さんの新居

Tori3 鳥さんはすっかり私のことを母と思っているようです(^^ゞ

ええ、か~な~り~甘やかしております。

そして鳴き方で大体の要求がわかるようになってしまった私もなんだかな~(笑)です。

まだ子供だからなのか、やたらと「くっついて」いたがります。餌をやるためにかごを開けると飛び出してきて食べた後にはこうして肩に乗って首にくっついて寝たり、髪の毛をいじって遊んだり…しています。お腹がすくと口を目指すようになってしまって(^^ゞさすがに口移しはできませんよ~(笑)

Tori4で、さすがに小さいかごではもうだめになってきてしまったので新居を購入。

・・・・絶対に猫が飛び上がってもだめな、足場もないような場所を選んで、高い所につっています。

でも、気になる!初めて見る鳥さんですよ!!もうず~とかごの周りでうろうろしています(*_*)まぁ本能ですからね、仕方ないですね。

このまま平和に飼っていけますように(笑)

2012年8月18日 (土)

現実逃避は続く(笑)

P1050137昨日はムーミンショップペイッコ PEIKKO(http://www.dreampocket.co.jp/fs/peikko/c/peikko)へ行ってきました♪

JR錦糸町駅から歩いて7分?(炎天下を歩いていたのでもっと長く感じましたけどね~(^^ゞ)小さいかわいらしいお店でした。

中にはムーミンのグッズがいっぱい。おまけに福引くじをやっている最中だったせいか、小さい店内はお客さんで結構いっぱいでした。
そんななか、見るもの見るもの欲しくなるいけない大人でしたけど、ぐっと我慢して(笑)ちょこっとお買いものしてきました。

実は息子が同行していて、いや、最初に行きたいと言い出したのはあちらなので、私が同行ですね(笑)二人でなんやかんやと買って、2回くじを引けることになりました。

で、私はまったく「くじ運」がないので2回とも息子にひいてもらいました。

すごいです、2つとも結構良いものが当たりました!

写真の後ろの方に移っているマグカップとそれからミイの柄のシーツでした。
二人でぴっくり!

会員登録してから行くと10%オフだし、くじで結構なものをいただいてしまったし、すっかり得した気分で帰ってきました(^O^)

季節でどんどん新作が出るようなので、また行ってみたいです~♪

2012年8月17日 (金)

エリザベート展

Pic01 オーストリアの皇妃 エリザベート

その生涯を紹介する展覧会が今日本橋三越でやっています。(http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/elisabeth/

昨日、仕事帰りに現実逃避(笑)でフラフラと買い物をしている時にたまたま見つけて(^^ゞのぞいてみました。

実はそれほど知っているわけではなかったので、飾ってあった愛用の家具、道具、衣装とともにその経歴や言われなど、にわか勉強してきました。

時代はナポレオン3世が戴冠したころに生まれているようですね~。オーストリアの最後の王妃と言われているくらいだから世界中で王政が廃止されるか、されないかの時代だったようです。

もともと美しく生まれた方だったようですが、その美貌を維持するためにものすごい努力をされていたようで、ダイエットの最先端を突っ走っていらしたようです。
16歳で嫁がれて60歳で亡くなっているようなんですが、身長172cm、生涯45キロ~50キロの間をキープ。ウエストに至っては50cmだったとかっ!!実際に使われていたコルセットが展示されていましたけど、細っ!内臓入ってた?!と疑いたいくらいですよ(^^ゞ

自由と馬と犬をこよなく愛した方だったそうです。その生涯はあまり幸せではなかったようですがっ。

そしてやはりどうしても目を引かれたのは刺しゅう。

ドレスやハンカチに刺しゅうがミッシリしてありました。色を使ったものもありましたけど、ほとんどが白糸?でした。

レースもありましたね~。細い、繊細な編地!

素晴らしかったです。

2012年8月16日 (木)

お盆休み

P1050130 田舎へ帰省されている方、どこかへ遊びに行っている方・・・

お休み中の方々がいっぱいいるんでしょうね~。

私は通常通りの勤務ですが(^^ゞ世間一般的なお休みと一緒なのが相方の会社!今週はお休みになっています・・・ので旦那は夏休み中。

と言うことで、私の生活も普段とはちょっと違ってしまっています。
ネコも・・・グロッキーです(笑)

作りモノも、ブログアップもままならず・・・です(^^ゞ

そして締切もままならず・・・いや、こちらは相当焦らないとっ!!
今週中には原稿あげるぞ~!ってあと2日?!頑張らなくっちゃ(^^ゞ

2012年8月14日 (火)

こちらも途中経過(^^ゞ

P1050134 SAM クンのマイホームを彩るために刺していたクロスステッチがやっと完成。

どんな図案にするか、相当悩んでしまって(^^ゞ本を漁ってグルグルしていました。

悩んだ割にはシンプル(笑)

P1050136で、まだ途中ですが、うれしくって画像をアップ(^O^)

切り抜きを張ったり、チャームをつけたりと、やりたかったことをやりたい放題ですよ~♪

SAMクンの後ろに置いてあるのは作りかけの棚。これから引出しつけようと思っています。

気分はすっかり家具職人です(笑)

2012年8月13日 (月)

振り回されています(*_*)

P1050125 鳥さんの種類はどうやら「ヒヨドリ」らしいです。

結構大食漢!すごい勢いで食べて、出して(笑)、大きくなっています。

人懐こくて、お腹がすいていなくても、人の姿を求めてピヨピヨ、でもってついでにご飯も食べて、遊んで~、と1日中催促されています(^^ゞ

う~ん、すっかり懐いちゃって、手乗り状態ですよ。手のひらに入ってくちばし擦り付けて、寝ようとしますからね~。このまま飼うことに・・・・なりそう・・です(^^ゞ

ネコ様たち!どう対応させていくかっ!考えなくっちゃ。

で、飛ぶのもだいぶうまくなってきていて、今日は高い所に張っている突っ張り棒まで無事到着して、歓喜の声を上げています。

2012年8月11日 (土)

鳥さん、経過報告

Tori1 Tori2 鳥さんはすっかり慣れてきちゃいました。

これって自然に帰す時に都合悪い?かな~(*_*)
う~ん、すっかりかわいがってしまっています

今の所、徐々に元気になってきているように見えます。
鳥の種類がわからないので(^^ゞ餌はあっているのか?、成長具合もこれでいいのか?!わからなことだらけ(~_~)

今日は小鳥店とか行っていろいろ聞いてみようと思っています。

あっ、ちょこっとですが、動画をiphoneでとったので、カワイイ鳴き声を(←すでに親ばか)堪能してください。ちょっと見苦しいのが申し訳ないです(^^ゞ

2012年8月10日 (金)

野鳥?

P1050117  昨晩、午後9時を回ったころにマンション1階のあるゴミ置き場にゴミを出しに行った時の事!

「ぴぃぃ~~ぃ」「ぴぃ~~ぃぃ」と大きな鳴き声が聞こえてきました。

マンション内の駐車場、音のする方へそろそろと近づくと何やらうす暗がりに灰色の毛玉が!・・・と思ったら小鳥でした。羽をだらりと下げて震えながら鳴いているじゃないですか!!付近を見回しても親鳥や、巣のようなものが見当たらないし・・・・保護しちゃいました。

P1050118 「ごはん~」

「腹減った~」

とぱっかり口を開けて要求中(笑)

急いで近所の西友に駆け込んで鳥のエサ 粟 を購入してお湯でふやかしました。P1050119

ガブガブ食べて

満足して寝てくれました。

P1050122今は小さめの段ボールに入れて安静中です。

今朝も静かに眠っていたようですが、ふたを開けて餌をやったのですが、とりあえずは食べて、また眠ってしまいました。

う~~ん、野鳥なんて保護したことないのに無謀だったかなと思うのですが、放っておけば車にひかれるか、猫にやられるか・・はっ!うちにも猫が!!(笑)

いや、ネコ様には気づかれないようにしていて、今の所大丈夫です。

でもこれが鳥さんの方が元気になるときっと気づかれちゃいますね。まぁその頃にはなんとかお空に帰せればいいなっとか思っているんですけどね。

弱っているので無事に持ち越せるか!心配です(*_*)

2012年8月 9日 (木)

フランス旅行記 その5

P7190722 さてフランスでの観光はすべて紹介し終わりました。

最後の日は午前11時の便で日本に立つことになっていたので慌ただしくホテルを出て、シャルルドゴール空港へと向かいました。
おりしもバカンスシーズン、それもツールドフランスが終わった翌日ということで道は大渋滞、空港も大混雑(*_*)でした。(ツールドフランスが終わったらバカンスへって人が多いそうです)

朝7時半にホテルを出て、空港出発ロビーに到着できたのは10時30分。最後に空港内でお土産を買おうと思っていたのに、無理!

…でも、搭乗ゲートのわきにあった売店のようなお店でクッキーと白ワインと・・・だけ買って、飛行機に飛び乗りましたよ~(笑)

今回の旅も欲張って、移動の多い、観光名所をたくさん回るツアーを選びました。駆け足でめぐることが多くて(笑)、慌ただしかったですが、終わってみれば、充実していてどれも楽しい思い出です。あっパリ市内はまた改めてゆっくり行きたい所です。ええ、またいつかっ!ですね♪

長々と書いてきましたけど、これで最後となります。
かなり私的見解が多く入っていますので、お見苦しい点も多々あったかと思います。それから間違った情報が入っているかもしれません(^^ゞが、どうかご容赦ください。
ありがとうございましたっ♪

さて最後に旅行中に撮った草花などの写真をご紹介です。

フランスは今花盛り!どこへ行っても花がきれいに咲いていたり、部屋に飾ってあったりして、とても良かったです♪

P7190697P7200787 P7210799_2 P7210798_2 P7190703

P7200797

P7190701_2P7190671_2P7190700

2012年8月 8日 (水)

フランス旅行記 その4

3日目の続きと4日目です。

P7220947 パリです!

エッフェル塔です!!♪

到着したのは(土)の午後遅め!バスの中からざっと観光。シャンゼリゼ、凱旋門などなど・・・でもエッフェル塔だけは運転手さんが無理やり路駐してくれて写真撮影させてくれました\(^o^)/

早めの夕食を市内でとって、いったんホテルへ。
P7220953 それから添乗員さんの提案で、翌日の(日)が一日自由行動だったのですが、不慣れな私たちのために、パリのメトロの乗り方講習会として、シャンゼリゼへとお買いものへ出ました。
と言ってもタイトな時間でしたので、も~駆け足で目的の物だけっって感じでした。

それでもルーブル美術館のチケットを購入できたのは大きな収穫でした♪

4日目 パリでの自由時間♪

残念なことにこの日は日曜日!パリの街、特にシャンゼリゼ界隈は日曜日はほぼお店がお休み!!おまけにちょうど?(笑)ツールドフランスの最終日となってしまったために、シャンゼリゼ通りを午前中通行止めにして表彰式ですよ!!お祭り騒ぎが巻き起こっていたようです。

まっ仕方ありませんね、と言うことでそれ以外でたっぷり楽しみました(^O^)

P7220970 P7220972 まずは朝一でルーブルへ!

ええ、走りましたよ(笑)

30分以上は並ぶのを覚悟!とどこの誰に聞いても、どんな本を見てもそう書いてあったので、そのつもりでいました。でも一応あがいてみようってことで「穴場」と言われている入り口で並んだりしました。

で、結局あっさりと入場!待ち時間ほぼなしでした、良かった~。

P7220955 まずは混雑が予想される「モナリザ」へ。

・・・まだ10人くらいしか人はいませんでした。

噂通り…小さいです(笑)

でもね、実際見てみると、TVで見るよりもほっそりとした女性。そして確かに不思議なほほえみで、思ったよりも上品な雰囲気。

これは本当に百聞は一見にしかずかも~。

P7220959 P7220960 ではそれ以外の物も。

まず入り口入って、まっすぐ階段を上がっていくと、正面で出迎えてくれるのが・・・

サモトラケのニケ。

ギリシャ神話の勝利の女神です。

美しいです、どこから見ても美しかったです!

P7220966P7220963

ご存知、ミロのヴィーナス。

・・説明はいりませんね(笑)

それからフェルメールの「レースを編む女」

これもね~、小さい絵でした。

でも奥ゆきのある、そしてすごく緻密に描かれていて、写真?のようでした(^^ゞ素晴らしかったです。

P7220956 ナポレオン1世の戴冠式

これはベルサイユ宮殿にあったものと微妙に違っています。

巨大な絵ですから、言われないと分からないですよね。

向かって左側にナポレオンの姉妹が4人描かれているんですが、彼女たちのドレスの色が違っています。4人とも水色なのと、3人水色で1人サーモンピンクになっています。

P7220962_2 ここは、本当に広かったです。そして迷路の様(*_*)に入り組んでいる部屋を、ぐるぐるしながらたくさんの絵を観ました!
ここももとは宮殿だったものだそうなので、仕方がないのでしょう。建物自体も豪華絢爛だし、飾ってある絵画、彫刻、オブジェ・・・数も質も半端ないです。無造作に、こともなげに、窓から差し込む日差しにあたっててもお構いなしです(笑)。

たとえばフェルメールなんかも本当に無造作に壁にかかっていて、さわることも可能なほど全く構えることなく展示してあります。(モナリザだけは別格!)警備員さん?がところどころにいますが、たいした緊張感もなく(笑)気さくに説明してくれたりしますし。

どんなに長い時間いても飽きることのなさそうな美術館ですが、時間は限られています!
ので次へ!
(ええ、実はトラブルに巻き込まれてしまって(^^ゞ、乞われてご一緒したお子さん連れの方がいました。途中少し別行動していたんですが、その時に中2の息子さんがふてくされて行方不明に!探すのを手伝ったりで1時間半使っちゃいました(*_*))

P7220976 ノートルダム大聖堂。

これも美しい建物でした。

中もステンドグラスで彩られていて、本当に美しい・・・

ですが、チラッとしか見ることができませんでした~。また次回に←いつになることかっ(笑)

P7220973P7220994P7220998P7220996ノートルダムでお子様連れの方とはお別れしましたっ。

お子様お二人が飽きてしまわれたようで・・・(^^ゞ。

で、友人と二人になったので、ここからはガンガン!パリの街を歩き倒しました(笑)

P7220989P7220991_2 サン・ジェルマン・デ・プレ教会

パリで現存する中で最古の教会だそうです。

中に入ると空気がおも~い感じのする、でも良い感じの教会でした。

   それから写真は撮ってこなかったのですが、「奇跡のメダイ教会」へも行ってきました。

ここではミサ?が行われていて、そ~と見てきました。ちょっと病院のような雰囲気のある建物で教会らしくなかったのですが、なかはしっかり教会でした(笑)今まで見たのよりも少しカラフルできれい?かわいらしい?感じでしたね。
自分用に幸運のメダイ(メダル)を購入してきました。

パリの街、おばちゃん2人でかなり歩きましたよ(笑)買い物もせず。もともと「ルーブル行きたい」から始まったパリ行。ブランドものは2の次にしよう(←負け惜しみ?(笑))と2人で話してあった通り、絵を見て教会めぐって、パリの街並みを満喫して、腰と足は痛くなりましたが(^^ゞ、大満足でした♪。強いて言えばオルセーもまわりたかったんですが、あまり欲張っても・・と断念しました。

さてこの日は二人歩き疲れてしまって、どこかで食べて、飲んで、ホテルに帰るのはかなり辛いだろう、と判断!街のデリカテッセンでお買いものしてホテルの部屋で宴会と相成りました(笑) そして、これがとってもおいしかったので、フランス旅行最後の宴は大満足で終わりました(笑)

2012年8月 6日 (月)

閑話休題(^^ゞお知らせです

P1040917 え~と、いつもお世話になっているアイザックベルさん(http://www.isaacbell.co.jp/index.html)に、いつもと同じようにうちの仔たちも置いてもらっています。

コンベンションの時にお目にかけた仔たちですので、目新しくはありませんが、しばらくの間はトップを飾らせていただいてるので、良かったら見に行ってみてくださ~い。

よろしくお願いします♪

2012年8月 5日 (日)

フランス旅行記 その3

  3日目も大移動!
モンサンミッシェルからベルサイユ(305km、約4時間)、そしてパリへ(30km、約1時間)

P7210927 P7210814 P7210819 P7210816 世界遺産のベルサイユ宮殿!
到着した時点で圧倒される大きさとそのきらびやかさ(笑)修復が済んでいるところは「金」ぴか!!そして大勢の観光客(*_*)いや、私たちもでしたね。

もとはお貴族様の狩猟の地、森と、それから毒の沼が広がるところだったそうですよ。それを権力の誇示とお金にモノを言わせてこ~~んな広大で豪華なものを建てさせちゃうなんて、この時代の王侯貴族は本当に一般市民のことなんてこれっぽちも考えていなかったんですね、ってもしかしたら今も?!(笑)

いや、でもそのおかげでこうした現代では到底作ることのできない壮大なものが残っているのですから、人間の欲望も役に立つ?ってことですかね(笑)

大勢の観光客で押すな、押すなでの観光となりましたが、すごい!本当にすごいものでしたっ、写真はその豪華さのほんの1部も写し取っていない気がしますが、ご覧あれ~♪

P7210826P7210827_3 P7210830_3 P7210836_3 P7210856 P7210874

 

P7210837_2

P7210848

所せましと・・・

ってすごい広さなんですが(^^ゞ

いたるところに絵が描かれていたり飾ってあったりします。

いずれも巨匠の手によるものらしいですが、無造作に置いてあります。

P7210897P7210883P7210885有名な「鏡の回廊」

長さ73m、367枚の鏡が使用されているそうです。

マリーアントワネットとルイ16世の婚礼舞踏会が開かれた所、おおぉ~「ベルサイユのばら」の世界ですよ~(笑)

P7210899そして「回廊」と言うだけあって、

  マリーアントワネットのアパルトマン(居住スペース)と

ルイ16世のアパルトマンを行き来するための物でもあったそうです。

写真は鏡になっている扉が開かれているところです。

ちなみに隠し扉や隠し小部屋ももちろんあるそうですよ~(笑)

P7210916 P7210919 気になった絵を2枚

マリーアントワネットとその子供たちとの肖像画。

女の子1人、男の子2人、合計3人の子どもとの幸せな肖像画、でもこの後悲運をとげてしまっているんですよね。

それからナポレオンの戴冠式の絵。これは2枚目だそうで、1枚目はルーブル美術館にあります。当時同じ絵を2枚描くことは禁じられていたということで、同じ構図なんですが、少しだけ変えてあります。ルーブルでも撮ってきたのでまた後日ご紹介します。

このあとパリへ。

でも長くなってしまったのでパリは明日またまとめて~♪

   

2012年8月 4日 (土)

カルトじゃない(笑)カルトナージュ

P1050115 今日はフランス話は頑張れませんでした(笑)

代わりに頑張ったのはこちらの仕切りのあるバック!

(アトリエプラージュhttp://blog.k-cartonnage.pupu.jp/のオリジナル作品です!)

いつものメンバーでしたけど、レギュラーレッスンではなく、夏の1dayレッスンと言うことで受講させていただきました。

タイトルにもある通り、カルトン(厚紙)は全く使っていません!でも技巧?!はカルトナージュです。なんと言っても先生のデザイン力と言うか、発想力って言うのか、ここに至ることがすごいですよ。

P1050116 ふたを開けると内側にふた付きの仕切りがあります。これがバック全体の形を保つのに多分ちょうど良い働きをしているんでしょうね~。

で、すごく手がこんでいる・・・・ようなんですが、作り方は結構単純なんです。そこがまたすごいんですよ~♪

そしていつも思うのですが、パーツの使い方が良い勉強になります。今回は根掘り葉掘り(笑)道具とパーツについて聞いてきましたっ。ええ、私も購入しようかと。まぁ先生の様にもとをとるほどたくさんは作れないでしょうけど、でもやっぱり便利なものはあるとよさそうですよね!応用も効きそうだし←言い訳(笑)

今日もたくさんの情報と楽しいレッスン、会話をありがとうございましたっ♪楽しかったです(^O^)

2012年8月 3日 (金)

途中経過(^^ゞ

P1050110 P1050111毎日チマチマと進めているSAM くんのマイホーム!なんとか形になってきました♪

ところどころで、どうするか悩むので進むのが遅いんです(^^ゞ

屋根?じゃないけど(笑)ふたを開けたところに刺しゅうをしようと思って、さらに停滞しています。

う~ん、あとは中も整備したいですよね。

たんす?ベッド?ソファ?・・・・どうしましょう(*_*)

あっ旅行記の続きを楽しみにしてくださっている方?いるんでしょうか(笑)
いらしたら・・・ごめんなさい、続きはまた明日?がんばります♪

2012年8月 2日 (木)

フランス旅行記 その2

2日目です

朝から移動です!トゥールの宿を出てモンサンミッシェルへ(290km、約4時間半)

P7200737 到着してまずは腹ごしらえ。

有名なモンサンミッシェルのオムレツ!

これは「元祖」ではありません、元祖の物はモンサンミッシェルの中のおばちゃんがやっているお店(笑)そしてもっと大きいそうです。私たちがいただいたのは観光客用に小さめにアレンジしてあるみたいです。

なぜここでオムレツかっていうと、昔巡礼で訪れる疲れ切った人たちへ、滋養強壮にと、卵料理が考えられて、おまけに量を増やすために、ガンガン泡立てて、バターで焼いたのが発端だそうです。ので食感は普通のオムレツよりはもっとフワフワしています。おいしい?かは賛否両論(笑)

P7200749 ささ、あこがれのモンサンミッシェル!

残念なことにあちこち工事中でショベルカーが置きっぱなしになっていたり、足場が組んであったりしました(^^ゞ

でも、大きい、圧倒的な存在感?!やっぱりすごい建造物です。

中へと入って観光です。

P7200759 グランド・リュ と言う細い回廊

島の入り口から上の修道院まで続いています。

両側にはホテル、お土産屋さん、レストランなどが並んでいました。

でもすごい数の観光客がっ!!満員電車のような状態ですよ~。あがる人と降りる人がごった返していました。

この道の途中にあったサン・ピエール教会。

P7200788_2入り口にはジャンヌダルクの像が。

こじんまりとした教会で、観光?と言うより、地元の人がミサで使っている素朴な教会。

この時もろうそくがたくさん灯され、熱心にお祈りしている方がいました。

P7200765P7200786_2 上を見上げるともっとも高い塔のてっぺんには大天使ミカエルの像が!

それから途中にある大天使ミカエル像。

聖ミカエルをフランス語読みすると「サン・ミッシェル」になるそうです。そう、ここは聖ミカエルのお告げによって作られた修道院だそうです。
司教オベールの夢枕に3度も立って、ここの岩山の上に修道院を作るようにお告げをしたのですが、なかなか信じなかった司教に天使ミカエルは司教の頭蓋骨に穴をあけて信じさせた…と言う話が残っているようです。そして本当に穴のあいた頭蓋骨もあるようですが・・・(^^ゞ

P7200766P7200768一番高い所にある修道院付属の教会です。

派手なステンドグラスのようなものはありませんが、空気が澄んでいるような感じ(^^ゞのする教会。

お天気も良かったからでしょうか。

そしてもちろん観光客がたくさんいるので人の話し声はするんですが、不思議と静かな感じがしました。車などの現代の音が全くしないからでしょうか。

P7200796_2 中を見学して約1時間。自由時間にお土産も買わず、外P7210806からその優美な姿を観ようと友人といち早く出てきてしまいました。ちょうど雲1つなく、真っ青な空の下で写真に収めることができました。

そして対岸に宿泊だったので夜の11時に写真を撮りに出ました。ええ、日没が10時近いので(^^ゞ。ライトアップされた姿も幻想的でした~

2012年8月 1日 (水)

フランス旅行記 その1

楽しかったバカンスからまだ1週間しか経っていないんですよね~、すでに遠い彼方のような気がしますが(^^ゞ ・・現実は厳しいです(笑) で、やっと何とか写真とかアップできそうなのでボチボチ読んでやってくださ~い。

まずはフランスの大まかな情報(^O^)

飛行機の直行便で行きは約12時間40分、帰りは約12時間・・・長かったです!
時差は今の時期サマータイム仕様で日本時間よりマイナス7時間でした。約半日ずれたような感覚ですね。
気候は15度~28度くらい、湿度はほぼゼロ←これがすごい楽です、日本と大違いですね~。
ただ日差しと言うか、紫外線量は半端なく多いです。白い日差しが刺さるように当たり、うっかり日焼けします!!も~帰国後大変でした(^^ゞ
朝夕の涼しさと、木陰にはいるとさわやか~なのが気持ちよかったです。
雨にもほとんど降られなかったので、そこらへんはラッキーだった?かな(*^。^*)

残念ながら「スリ」多し!!特にこのバカンスシーズンのパリは稼ぎ時だそうで一気に集まってきているそうです。私は大丈夫だったのですが、同じツアーの方がパリですられました。現金だけだったそうですが(^^ゞなんとも嫌な気分ですよね。

私は幸い?行く先々で、現地の人?同じような観光客?から、「バックから手を離すな」、「スリに注意しろ!!」と声をかけてもらって(^^ゞ、いや、そんなに無防備だったかな?と思うのですが、一度なんかはほんとに「説教」?と思うくらい真剣に注意を受けました(笑)
いや、ありがたきかな、暖かいお気持ち!と笑顔でサンキューしてきました♪

さて観光です。

P7190670P7190685初日はパリのシャルルドゴール空港から観光バスに乗り込みシャルトルへ。(約90km、1時間40分)

キリスト教巡礼の地として栄えた古都だそうで、このシャルトル大聖堂は世界遺産の1つです。

12世紀の火事でロマネスク様式の建物の半分が焼失し、13世紀以降にゴシック様式で再建されたそうです。なのでロマネスク、ゴシックと2つの違う様式を見ることができます。

再建にあたっては多くの人の寄付が大きな力となっていたようで中のステンドグラスには、寄付をした方たちも描かれていました。

P7190682P7190683P7190684P7190686そのステンドグラスはシャルトルブルーと呼ばれる、美しい青が基調となっていました。図柄も同じものが1つもなく、教会の中をぐるっとすべて飾っていて、素晴らしいものでした。

この近くでお昼をいただいて次の観光地へ。

ロワール地方(移動130km、約2時間15分)で古城めぐりです。

P7190709 P7190712 シュノンソー城

歴代の城主が女性だったことから「奥方たちの城」と呼ばれているようです。

川をまたぐように建てられていて、その上の回廊もなかなか風情がありました。

P7190718

P7190720P7190721 本来城は敵からの攻撃に備えて、城主を守る目的のために、いくつも部屋を通らないと奥へ進めない作りするのが一般的だったそうです。でもここのお城は女性が自分たちにとって住みやすいようにと考えられたらしく、廊下が真ん中にあり、個別の部屋が左右にある、と言う、現代で言えば当たり前の様式で作られています。これって当時はすごい画期的だったそうです。

P7190713 P7190714写真に収めたつもりだったんですが(^^ゞ

キッチンもとても機能的に作られていました。

肉などをさばくところ、煮込みなどの調理場、サブダイニング、メインダイニングと分けられていて、まさに女性目線で作られていました。

P7190723 そしてここは本妻さんとお妾さんとが同居していたのでも有名だそうです。愛憎劇ドロドロだったようです(笑)

この写真は本妻さんの方の専用の庭。

お妾さんの方は写真に納まらないくらい大きく豪華なお庭でした。それだけでも力関係がわかっちゃいますね。

P7190733 古城めぐりと言っても車窓からで(^^ゞこの付近にはたくさんの豪華なお城があります。

次はアンボワーズ城

ここはとにかく大きい!遠くから撮っても全体が入りきりません!

フランソワ1世がレオナルド・ダ・ヴィンチを招き、そして生涯を閉じたお城として有名だそうです。

このあとトゥールで宿泊でした。

   

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »