« フランス旅行記 その1 | トップページ | 途中経過(^^ゞ »

2012年8月 2日 (木)

フランス旅行記 その2

2日目です

朝から移動です!トゥールの宿を出てモンサンミッシェルへ(290km、約4時間半)

P7200737 到着してまずは腹ごしらえ。

有名なモンサンミッシェルのオムレツ!

これは「元祖」ではありません、元祖の物はモンサンミッシェルの中のおばちゃんがやっているお店(笑)そしてもっと大きいそうです。私たちがいただいたのは観光客用に小さめにアレンジしてあるみたいです。

なぜここでオムレツかっていうと、昔巡礼で訪れる疲れ切った人たちへ、滋養強壮にと、卵料理が考えられて、おまけに量を増やすために、ガンガン泡立てて、バターで焼いたのが発端だそうです。ので食感は普通のオムレツよりはもっとフワフワしています。おいしい?かは賛否両論(笑)

P7200749 ささ、あこがれのモンサンミッシェル!

残念なことにあちこち工事中でショベルカーが置きっぱなしになっていたり、足場が組んであったりしました(^^ゞ

でも、大きい、圧倒的な存在感?!やっぱりすごい建造物です。

中へと入って観光です。

P7200759 グランド・リュ と言う細い回廊

島の入り口から上の修道院まで続いています。

両側にはホテル、お土産屋さん、レストランなどが並んでいました。

でもすごい数の観光客がっ!!満員電車のような状態ですよ~。あがる人と降りる人がごった返していました。

この道の途中にあったサン・ピエール教会。

P7200788_2入り口にはジャンヌダルクの像が。

こじんまりとした教会で、観光?と言うより、地元の人がミサで使っている素朴な教会。

この時もろうそくがたくさん灯され、熱心にお祈りしている方がいました。

P7200765P7200786_2 上を見上げるともっとも高い塔のてっぺんには大天使ミカエルの像が!

それから途中にある大天使ミカエル像。

聖ミカエルをフランス語読みすると「サン・ミッシェル」になるそうです。そう、ここは聖ミカエルのお告げによって作られた修道院だそうです。
司教オベールの夢枕に3度も立って、ここの岩山の上に修道院を作るようにお告げをしたのですが、なかなか信じなかった司教に天使ミカエルは司教の頭蓋骨に穴をあけて信じさせた…と言う話が残っているようです。そして本当に穴のあいた頭蓋骨もあるようですが・・・(^^ゞ

P7200766P7200768一番高い所にある修道院付属の教会です。

派手なステンドグラスのようなものはありませんが、空気が澄んでいるような感じ(^^ゞのする教会。

お天気も良かったからでしょうか。

そしてもちろん観光客がたくさんいるので人の話し声はするんですが、不思議と静かな感じがしました。車などの現代の音が全くしないからでしょうか。

P7200796_2 中を見学して約1時間。自由時間にお土産も買わず、外P7210806からその優美な姿を観ようと友人といち早く出てきてしまいました。ちょうど雲1つなく、真っ青な空の下で写真に収めることができました。

そして対岸に宿泊だったので夜の11時に写真を撮りに出ました。ええ、日没が10時近いので(^^ゞ。ライトアップされた姿も幻想的でした~

« フランス旅行記 その1 | トップページ | 途中経過(^^ゞ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/416203/46553445

この記事へのトラックバック一覧です: フランス旅行記 その2:

« フランス旅行記 その1 | トップページ | 途中経過(^^ゞ »