« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月27日 (土)

行ってきましたっ、俺シリーズ

Oreyaki1_21週間以上?こちらを留守にしちゃいましたぁ~(^^ゞ

相変わらず、アレやこれやとやらなくてはいけないことをほったらかしにしておいたツケを払っておりました(笑)

ついでに体もちょっと壊したりしておりました(^^ゞ←ダメじゃん

で、すっかり遅くなりましたが、19日(金)の夜に噂の「俺」シリーズの焼き鳥に行ってきました。

俺のやきとり  銀座9丁目店 http://www.oreno.co.jp/restaurant/%E4%BF%BA%E3%81%AE%E3%82%84%E3%81%8D%E3%81%A8%E3%82%8A-%E9%8A%80%E5%BA%A79%E4%B8%81%E7%9B%AE/

実際の場所は銀座ではなくてほぼ新橋駅でした。

そそ、銀座は8丁目までしかないからね(笑)

ここのお店は俺シーズの中でもテーブル席があって、予約のできるお店になっています。

いつもの月1のおばちゃん4人の夕食会に行ってみようと、友人が予約を取ってくれました。

Oreyaki2_2Oreyaki3_2Oreyaki4_2Oreyaki5_2Oreyaki6_2Oreyaki7_2






アボガドとサーモンの前菜

キノコのサラダ

ひれ肉の・・・

金目鯛の煮つけ

オマールエビの・・・

安穏芋の唐揚げ

あと焼き鳥をいただきましたっ

どれもおいしくいただきました~

ただ・・チト塩分が濃い味付けの物が多くて、私たちはアルコール抜きの会なので途中でシンドイものもありました。

お店のシステムでテーブル席は16時、18時、20時で入れ替えされます。

入ってから出るまでで2時間なので、慌ただしかったですね(^^ゞ

店員さんは皆さん元気で手際も良く、悪い感じは全く受けませんでしたけど、

それなりに広い店内をぎっしりお客と店員がひしめき合うようにして詰まっていたので

落ち着きませんでした~(^^ゞ

お値段も豪華な食材を使っている割にはお安く、味もそこそこ・・

でも多分2度目はない・・・かな(笑)

お店を出た後、ゆっくりお茶をして^m^楽しい金曜日の夜は更けたのでした~♪

2014年9月16日 (火)

スペイン紀行♪その5

スペイン観光4日目

73この日はアンダルシアに点在する白い村の中でも特に有名な「ミハス」へ。

街はのんびり一回りしても時間がたっぷり余るほど小さなかわいらしい所でした。

40度を超えた強い日差しにこの白い壁の家がとてもきれいです。

この写真は一番有名な路地なんですが、この時期は日差しが強すぎてお花があまり育たないとかで、観光ガイドとかにはもっとお花が飾られた写真が載っています。

89_2
75_2小高い丘?の上の方なので景色も良かったです

風が吹きぬけて・・・しばし暑さをしのげました・・

街はほぼ全部が小さなお店でした。

革製品が有名だとかで、そういった細工物のお店や陶器のお店

お土産屋さんという感じのお店がたくさんでした~

9076昼食後セビリア(セビージャ)へ

まずはスペイン広場へ

…スペインにはあちこちにスペイン広場があるようなんですよ(^^ゞ

名前をもうちょっとひねって欲しいですね~(笑)

777879ということでこちらはセビリアにあるスペイン広場

広い敷地内には川が流れていてモザイクタイルが美しい橋が架かっていました

壁一面にはこの地区の村?街?を象徴する絵がモザイクタイルで描かれていました。

広い、とっても広い広場で全部見るには1時間かかりそうでした(^^ゞ

80ムリーリョ公園にあったコロンブスの記念碑

セビリアはコロンブスがイザベル女王の資金援助を得て

新航路探索へ出発した地なんだそうです。

船の帆先は新大陸(アメリカ)に向かっています。

ここを通ってカテドラルへ

86世界遺産のカテドラル

ここにはコロンブスのお墓があると言われています。

残念なことに中への見学はありませんでしたので

外側から堪能(笑)

9192サンタ・クルス街

ここは細く入り組んだ石畳の旧ユダヤ人街

迷路の様になっていて

うっかりガイドさんとはぐれたら出てこれなさそうです(^^ゞ

通路も狭いので見通し悪しッでした(笑)

8283壁には当時の名残りが・・

ここらへんはセビリヤ焼き?というのがあるそうで

お店の名前や戸の枠などに焼き物が使われていました。

美しい♪

818885街路樹にはオレンジがたくさん植えられていました。

でもここにあるのはほとんどが甘くならないそうです。

その証拠はこの葉っぱ!

ダブルリーフと呼ばれる葉の形状が2枚一緒になったようものが混じっているものは

甘くならない品種なんだそうです。

主に加工品、香水などに用いられるエキストラオイルを抽出するのと

マーマレードの原材料となり、イギリスへ輸出されるそうです。

ビターなマーマレードになるそうなんですが・・・食べてみたいです♪

この後コルドバへ移動してホテルに宿泊でした

2014年9月14日 (日)

ピエロ

Pieroも1つ、モチーフが上がっています♪

こちらはアトリエの新しい図案集からいただきました。

アウトラインとチェーンステッチ、サテンステッチで

夏休み明けの練習?手ならし?に刺したものです。

ハイ、おかげでガタガタですね(^^ゞ

Kokago1こちらはこれまた夏の間に作っていた

エコクラフトの小さいカゴにしつらえました。

実は、何年か前に初めて自分でおこしたカゴの

レシピが出てきたので(^^ゞ

どんな感じだった?で作ってみました(笑)

Kokago2カルトナージュの様に箱として、

内側にも布を張ってあります。

刺しゅうのモチーフに合わせて

内側もピエロ♪

ちとシンプル過ぎた?かもしれませんね~(^^ゞ

レースでもはさめば良かった、と今更ながら思います。

まっとりあえず完成!楽しかった~\(^o^)/



2014年9月12日 (金)

刺しゅう再開(^O^)

Torei19月になって・・

滞っていた刺しゅうを再開させました~

ええ、なんだかんだと7、8月はせわしかったですからね~(^^ゞ

上がったのはマーガレットのお花

サテンステッチでみっちり刺してあります。

Torei2Torei3で、仕上がったのはこちらのトレイです。

刺しゅうのアトリエにあるキットを使わせていただきました。

周りに張ってある布はアトリエで限定だった貴重な布。

この布を使いたくてモチーフを先生に選んでいただきましたので、ピッタリ!でしょ♪

あまり甘すぎない、でもほんのりカワイイ^m^が気に入っています。

さて、アトリエの皆さんはクリスマス用・・・にもう準備が進んでいるんでしょうかね~?!

次回のレッスンからそちらに向けて進めていかないと・・・と

ぼんやり(笑)思っております(^^ゞ

2014年9月10日 (水)

スペイン紀行♪その4

スペイン3日目

バレンシア
  ↓(約550km)
グラナダ

この日は一気にグラナダのアルハンブラ宮殿へ

グラナダ歴代の王様が住んだと言われている城塞を兼ねた宮殿だそうです。

3940
まずは、カルロス5世宮殿

四角い建物の中に

円形の中庭がありました。

か~な~り~の広さでした

414243
回廊を通って・・・

王宮へ

 

4546アラヤネスのパティオ

池の水は地面ギリギリまでにし、鏡のような効果を持たせているようです。

正面にある建物をきれいに写しこんでいました。

反対側に水の出てくるところがあるんですが、鍵の形になっていました。

砂漠のように乾いた土地、大事な水だから鍵から出す・・・だったんでしょうか?!

474849獅子のパティオ

124本の大理石柱の回廊が囲む中庭です。

真ん中にはライオンの噴水

・・・ライオンさんたちをアップにしてみました(笑)

でもライオンには見えない・・よね~(^^ゞ

4450
525451

美しい装飾たち・・・

鍾乳石の飾り

アラベスク模様を施した壁

ステンドグラスはほんのちょっとだけ・・

5355中庭

常に音楽が流れていたそうですよ~

もちろん当時は生演奏!

宦官が目もつぶされて\(◎o◎)/美しいお妃様たちを見れないようにされて演奏してたそうです。

57ヘネラリフェ

王家の夏の離宮

噴水や水路があちこちにあり

「水の宮殿」と呼ばれていたそうです。

見かけたお花の数々・・・

5859606162

63646667





6970アルハンブラ宮殿は丘の上に立っていました

出来た当時は本当に砂漠のようなところに建っていて、

無理やり水を引いて豪華さをうたっていたようでした。

後から入った西洋人、特にイギリス人が周りに植樹をして今は森の様になっています(笑)

荘厳さと微妙な泥臭さ、華麗や華美とはちょっと違う感じでしたが

とても素敵な場所でした♪

65・・さて・・・

グラナダ と言えば グレナダ(笑)

ザクロの事ですね。

グレナデンシロップの元?(笑)

2014年9月 9日 (火)

アクセサリー入れバッグ

Akusebag2Akusebag1
先日の取調室・・・ですっかりアワアワしていましたが(笑)

その日は昼間カルトナージュのレッスンを受けていました。

出来上がったのはこちらっ♪

バック型のアクセサリー入れです

(こちらはアトリエプラージュのオリジナル作品です)

Akusebag3Akusebag4ふたを開けると台形の引き出しが2段と

トップには指輪を入れるためのスペースがあります。

…台形の引き出しなんて・・・

考えるだけでも恐ろしい(笑)モノだったんですが

大丈夫、ちゃんと出来ましたよ~

ま~当然のようにレッスンは2回に渡ってしまいましたけどね(^^ゞ

かっこカワイイデザインですよね~、先生!さすがです~。

さて、この日も楽しいレッスンでしたっ

ありがとうございました♪

2014年9月 7日 (日)

取り調べ室は・・・

Police_2禁煙です

xxx

それは陰湿な小競り合いが目に入ったのがきっかけでした。

夜の10時半少し前、都心の地下鉄のホーム、

なじみのお店でおいしく夕食をいただいた後の帰宅途中、

乗り換えのために降り立った私鉄のホームでしたが、土曜日の夜なので混雑もなく、

逆に少し閑散とした雰囲気でしたので、それがやたらと目につきました。

そしてそれは1mと離れていない目の前で始まりました。

スキンヘッドに、泥にまみれたアーミーブーツ、黒のT-シャツに、サバイバルパンツをはき、かなり大きな黒のリュックを背負ったガタイの良い若い男性に、細身のやや貧弱な白髪交じりのクルクルおばさんパーマのサラリーマン風の男性がやや後ろから、肩をぶつけるようにして歩いています。

こんなすいているのになぜ?が第1印象でした。

そのあとから女性が「すみません」と言ってあやまっている様子・・

あれよあれよと、小競り合いがにらみ合いとなり

とうとうガタイの良い男性が手を出してしまいました

そこで

「やったな!、先に手を出した方が負けや!訴えてやる!!警察呼べや♪」

と小ぶりの男が嬉々として言いつのり始めました。(小ぶりの男性、関西弁でした)

・・・・そこでうちの旦那がぶっちぎれました(*_*)

結論から言っちゃいますと(笑)

駅員さんが来て、警察が来て、皆一緒に警察へ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

あっ!でも言っておきますが、私たち夫婦は重要参考人、目撃者としてです。

私が一緒でしたので(笑)主人はさすがに手は出しませんでした。

口だけ!です(ずいぶん大人になりました(笑))

実はそこまで私たちが関わったのはそのガタイの良い男性があまりに気の毒だったからでした。

確かに彼は先に手を出して、と言っても相手の髪の毛をつかんで顔を離すようにしただけだったんですが、

サラリーマン風の男性、とても感じが悪く、どう見ても何もしてない男性にからみついていたからでした。

先にぶつかっていったのもその人からでしたし、

へらへら薄ら笑いを浮かべ、いやな言葉を言い、挑発する・・

その態度の悪さに若い男性もぐっと我慢をしていたのを私たちは見ていました。

でも足を止めさせて、鼻がくっつくほど顔を近づけて暴言を吐き続けたのは

サラリーマン風の男。

駅員さんが来た時点で終わりかと思いきや

そのやくざなおっちゃんは「警察呼べ!」「俺は訴える!!」「傷害事件や!」の一点張り。

連れのお友達だと称する女性にかっこつけたかったんでしょうか?!

私たちが見ていたことを駅員さんに言うと、私たちの事も「お前ら!!」扱い(^^ゞ

あそこでうちの旦那を止めた私を褒めてほしいですよ(笑)

そして夜の11時過ぎから警察署にお邪魔しました。

被害者、加害者、目撃者・・・それぞれ別の部屋、お互いの顔や気配がわからない所へ通されて、それぞれ事情徴収でした。

私たちは見てきたことを、見てきたとおりに話しました。

関西人のオッチャンは最後まで「俺は暴行された被害者だ」と言い張ったようでしたが

どちらの人たちとも縁もゆかりもない目撃者の証言は大きい様で

一時は傷害事件となりかけたことも最終的には和解へと相成りした。

一応の解決を見たということで、当事者2人はまだでしたけど

私たちははれて釈放へ(笑)

夜中の1時過ぎにパトカーで自宅へ送っていただきました\(◎o◎)/!

あと15分で自宅へ帰れる・・・・って所から約2時間半・・・

・・私たちバカですね(笑)

あっその加害者となった、被害者の若い男性は見た目と違って(笑)

実直で寡黙な普通の方でした。

酔っぱらっていたのもあるようですが、涙をうっすら浮かべながら私たちに土下座までして\(゜ロ\)(/ロ゜)/感謝をしてくださいました。

「自分が挑発に乗って手を出してしまったのは大きな過ちでした」

「お口添えをいただかなければ自分は前科者となるところでした」と

ありがとうと共にコンナことも言っていました(^^ゞ

冒頭写真は警察署で私たちが通された取調室に貼ってあった物。

撮っちゃいけないかな~?とか思ったんですが、記念に1枚(笑)

いや、本当に貴重な経験でした(笑)

皆さん、夜の酔っぱらいには重々注意を!!

2014年9月 4日 (木)

スペイン紀行♪その3

スペイン2日目、この日の予定は

バルセロナ
 ↓(103km)
タラゴナ
 ↓(260km)
バレンシア   となっていました。

1920タラゴナでは古代ローマの遺跡

ラスファレラス水道橋を見学しました。

今は観光のために橋の上のふたがはずされていて、こうして歩けるようになっていましたが、本来はここを水が流れていたはず。

山からの傾斜を利用して水が市街地まで流れるように計算されていたそうです。

それにしても巨大でしたっ!重機もない時代に作ったとはとても信じられない大きさでした。

次にバレンシアへ行き市街地観光へ

26メルカート(中央市場)

行った時にはもうすでに営業時間は終了していて

外観と外からちょっとだけのぞいてみただけでした。

作られた当時のままだそうで、モザイクタイルがたくさん使われていました。

21その隣にあった金物屋さんには

大小・・いや、特大から極小まで様々な大きさのパエリア鍋がありました。

私たちみんなで写真を撮るのでちょっと不審そうに見られてしまいましたが(^^ゞ

2728ラ・ロンハ(正面と裏)

世界遺産に登録されている地中海貿易で栄えていたころを象徴する建造物。

当時は絹織物の取引所として使われていたそうです。

29353231

市街地の様子・・・

人がたくさんいて

活気のある街でした

暑さから、カフェでお茶やアイスを食べてる人もたくさんでした(笑)

そんな中、周りを建物で囲まれた広場のような所があったんですが、

そこにこうした小さな手芸店がいくつもありました。

33_234_2材料と手作りの手芸作品を売っていました。

思わず写真をパチリ!(^O^)

あまり近寄って写すのも申し訳ないと思ってとりませんでしたけど、小さな布製の靴や、ベビー服などかわいらしいものがたくさんあって、ついじっくり見ちゃいましたよ~(笑)

36


この後夕食にパエリアをいただいてからホテルに行きました。

2014年9月 2日 (火)

スペイン紀行♪その2

※(すべての写真はクリックで大きくなります)

↑今更ですが(^^ゞ

さて、1日目の続きです(^O^)

10サン・パウ病院(車窓から)

スペインで著名な建築家の一人モンタネールの最大の作品

30年かけて作られた建造物です。

そして彼のもう1つの有名な作品

11カタルーニャ音楽堂

こちらは彼の最高傑作とされる建造物だそうですが

中までは見学できませんでした。

現在も使われているコンサートホールだそうです。

外側だけでも豪華で繊細な飾りがとても素敵でした。

このあと昼食後解散となり、午後はバルセロナの街で自由行動でした。

242223グラシア通り

ランブラス通り

中世?の街並みを残した街並みを

どんどん歩きました(笑)

18そんな街のど真ん中にあった

カザ・パトリョ

ガウディが依頼されて増改築を行った邸宅です。

地中海にインスピレーションを受けて作ったとか。

1314151617





ランブラス通りから1歩入ったところにあるサン・ジョセップ市場

野菜や果物、菓子、肉等々、いつも見ているものとはちょっと違って楽しかったです。

カットフルーツや生絞りジュースも売っていて、さっそくジュースをいただきましたけど

甘くてとてもおいしかったです~♪

この後炎天下にさんざん歩き回ったツケで(笑)へとへとになり

ホテルへと帰りました~

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »