« スペイン紀行♪その3 | トップページ | アクセサリー入れバッグ »

2014年9月 7日 (日)

取り調べ室は・・・

Police_2禁煙です

xxx

それは陰湿な小競り合いが目に入ったのがきっかけでした。

夜の10時半少し前、都心の地下鉄のホーム、

なじみのお店でおいしく夕食をいただいた後の帰宅途中、

乗り換えのために降り立った私鉄のホームでしたが、土曜日の夜なので混雑もなく、

逆に少し閑散とした雰囲気でしたので、それがやたらと目につきました。

そしてそれは1mと離れていない目の前で始まりました。

スキンヘッドに、泥にまみれたアーミーブーツ、黒のT-シャツに、サバイバルパンツをはき、かなり大きな黒のリュックを背負ったガタイの良い若い男性に、細身のやや貧弱な白髪交じりのクルクルおばさんパーマのサラリーマン風の男性がやや後ろから、肩をぶつけるようにして歩いています。

こんなすいているのになぜ?が第1印象でした。

そのあとから女性が「すみません」と言ってあやまっている様子・・

あれよあれよと、小競り合いがにらみ合いとなり

とうとうガタイの良い男性が手を出してしまいました

そこで

「やったな!、先に手を出した方が負けや!訴えてやる!!警察呼べや♪」

と小ぶりの男が嬉々として言いつのり始めました。(小ぶりの男性、関西弁でした)

・・・・そこでうちの旦那がぶっちぎれました(*_*)

結論から言っちゃいますと(笑)

駅員さんが来て、警察が来て、皆一緒に警察へ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

あっ!でも言っておきますが、私たち夫婦は重要参考人、目撃者としてです。

私が一緒でしたので(笑)主人はさすがに手は出しませんでした。

口だけ!です(ずいぶん大人になりました(笑))

実はそこまで私たちが関わったのはそのガタイの良い男性があまりに気の毒だったからでした。

確かに彼は先に手を出して、と言っても相手の髪の毛をつかんで顔を離すようにしただけだったんですが、

サラリーマン風の男性、とても感じが悪く、どう見ても何もしてない男性にからみついていたからでした。

先にぶつかっていったのもその人からでしたし、

へらへら薄ら笑いを浮かべ、いやな言葉を言い、挑発する・・

その態度の悪さに若い男性もぐっと我慢をしていたのを私たちは見ていました。

でも足を止めさせて、鼻がくっつくほど顔を近づけて暴言を吐き続けたのは

サラリーマン風の男。

駅員さんが来た時点で終わりかと思いきや

そのやくざなおっちゃんは「警察呼べ!」「俺は訴える!!」「傷害事件や!」の一点張り。

連れのお友達だと称する女性にかっこつけたかったんでしょうか?!

私たちが見ていたことを駅員さんに言うと、私たちの事も「お前ら!!」扱い(^^ゞ

あそこでうちの旦那を止めた私を褒めてほしいですよ(笑)

そして夜の11時過ぎから警察署にお邪魔しました。

被害者、加害者、目撃者・・・それぞれ別の部屋、お互いの顔や気配がわからない所へ通されて、それぞれ事情徴収でした。

私たちは見てきたことを、見てきたとおりに話しました。

関西人のオッチャンは最後まで「俺は暴行された被害者だ」と言い張ったようでしたが

どちらの人たちとも縁もゆかりもない目撃者の証言は大きい様で

一時は傷害事件となりかけたことも最終的には和解へと相成りした。

一応の解決を見たということで、当事者2人はまだでしたけど

私たちははれて釈放へ(笑)

夜中の1時過ぎにパトカーで自宅へ送っていただきました\(◎o◎)/!

あと15分で自宅へ帰れる・・・・って所から約2時間半・・・

・・私たちバカですね(笑)

あっその加害者となった、被害者の若い男性は見た目と違って(笑)

実直で寡黙な普通の方でした。

酔っぱらっていたのもあるようですが、涙をうっすら浮かべながら私たちに土下座までして\(゜ロ\)(/ロ゜)/感謝をしてくださいました。

「自分が挑発に乗って手を出してしまったのは大きな過ちでした」

「お口添えをいただかなければ自分は前科者となるところでした」と

ありがとうと共にコンナことも言っていました(^^ゞ

冒頭写真は警察署で私たちが通された取調室に貼ってあった物。

撮っちゃいけないかな~?とか思ったんですが、記念に1枚(笑)

いや、本当に貴重な経験でした(笑)

皆さん、夜の酔っぱらいには重々注意を!!

« スペイン紀行♪その3 | トップページ | アクセサリー入れバッグ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大変な目にあったね・・と言いつつhappy02
なかなか経験できないじゃんなんて(笑)

黙ってられないのはきっと血ですbleah
どっちを見ても言いそうな人ばっかだし

ドラマみたいだけど、あるんですね本当にcoldsweats02
助けになって良かったじゃないheart04

多分、
そんな二人組を発見した時から
すでにももちのご主人への警戒は始まっている訳で…(笑)
そんなももちの心中お察しいたします。
うちだったら…とシュミレーションするだけで
どっと疲れます(笑)
お疲れ様でした❗️

はまのねえやさん♪

すごいでしょ(笑)
も~取調室に通された時には笑いしか出ませんでしたよ

でも警察官の方に
「目撃者としてすぐに発言してくださる方は貴重です」
と感謝されちゃいましたよ。

うちの旦那は
警察官に感謝されるようになっちゃ~な~・・・と
ぼやいていました(笑)

xxxxx

じゅんぼ~さん♪

そうなの、実はうちの旦那はいつ割って入るか・・・
ウズウズしてたんです
でも駅員さんとか、だれか客観的な第3者が来るまではダメと言って
待たせていたんです(笑)

…猛獣使いの気分でした(爆)

あれ~もしやお寿司屋さんの帰りね!? すごい経験しちゃったね~というか首突っ込んじゃったのね(笑) コナン君のまわりに事件がおこるみたいな・・・嵐を呼ぶ夫婦?

kako先生♪

そうなんです~
レッスンの楽しかった気分や
おいしいお寿司をいただいたのが
かっとびました(笑)

いや、生涯忘れられない日となりましたけどね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/416203/57301101

この記事へのトラックバック一覧です: 取り調べ室は・・・:

« スペイン紀行♪その3 | トップページ | アクセサリー入れバッグ »